こだわり

SARVICE

出し経験20年、毎日お客様の為にお弁当を作ってきました。 その中で感じたのは、この仕事はお客様のことを第一に考えていなくては、よい弁当は出来ないということです。 お客様に安心・安全のお弁当を食べてもらえるように、徹底した品質管理をおこなっています。 同じおかずでも、作る工程をきちんと明確にしていないと、お客様へ安全にお届けできなくなってしまいます。 基本的なことをしっかりと行い、その日に一品一品にこだわって、調理したものをお客様に提供しています。

安心・安全

食事は力の源。
防腐剤や化学調味料を一切使わないのでおいしくて、安心して食べられることが何よりです。

防腐剤の危険性

亜硝酸ナトリウムは高濃度で摂取すると頭痛、吐き気、チアノーゼ、意識障害を引き起こすと言われています。
また、肉に含まれる「アミン」と反応して「ニトロソアミン」を合成します。
ニトロソアミンは発ガン物質として知られており、動物実験ではニトロソアミンを配合したエサや水を摂取し続けたラットに「胃がん」ができることが確認されています。

化学調味料のデメリット

  • ・同じような味になってしまう。
    (そのため入れ過ぎに気づきにくく、また調理する人も多く使ってしまいがちになります。)
  • ・味覚が鈍る。
  • ・喉が渇く。
  • ・舌を刺すような刺激がある。

米こそ命

あきちゃん弁当のこだわり抜いたお米を、独自の炊き方で炊く事によりカニ穴ができ、
炊きあがり約15分ほど蒸して素早く空気に当てながら裏をうつ事でふっくらと炊きあがります。
まずは日本人の主食であるごはんにこだわっています。

お米のこだわり

「ひとめぼれ」は味のバランスに優れたお米です。
どんな料理にも合う懐の深さを持っています。 「コシヒカリ」のような味や食感のいいところは残しながらも、「コシヒカリ」のように強い味ではなく、優しい味わいです。
ただ、「あきたこまち」や「ササニシキ」のようにさっぱりとした味とも違い、ちょうど良いバランスの取れたお米と言えます。
そのまろやかな味わいは非常に幅広い世代の方々に人気が高いです。
つや、粘り、炊き上がりの柔らかさから和食との相性がよく、定食屋さんでもよく選ばれているお米です。
冷めても美味しいお米なので弁当にも最適なお米です。
またお米づくりに欠かせない、寒暖差のある気候で、山・平野・海があり多彩な自然環境を備えています。
粘り・つや・うまみ・香りのトータルバランスが良いことから、まさに「おいしさ」に“ひとめぼれ” 出来るおいしいお米です。

お米選び、炊き方のこだわり

  • ・100%(特A)国産米の「ひとめぼれ」を使用。
  • ・お米は、つけこみ時間や水量を春夏秋冬の季節ごとに調節し炊飯します。

リーズナブル

あきちゃん弁当のお弁当は、毎日ご利用いただけるように、リーズナブルな価格です。
しかし、材料や調理の質を下げるようなことはありません。

価格と美味しさの追求

原価率は高くなってしまいますが、利益追求にこだわらず、おいしさと安全にこだわり続けています。
また、作った弁当を長時間、保管する事はせずに作ってから4時間以上たつ弁当は全て廃棄して味の低下を抑え、お客様に安全で美味しい弁当を提供しています。

全て手作りのオリジナルのタレを使用。

  • ・加減醤油
  • ・にんにく醤油
  • ・昆布醤油
  • ・豆腐のタレ
  • ・サバの味噌ダレ
  • ・焼き肉のタレ
  • ・丼のタレ
  • etc

還元水素水

あきちゃん弁当は水素水を使うことにより米や野菜のアク抜きと魚と肉の臭み抜きに使用しています。

還元水素水の特徴

還元水でお米や野菜、果物、肉、魚など、食材を何でも素材のもつ本来の味を引き出してくれます。
ダシなどを取るときに水素水を使用する事で、濁りのない透明感のある上品なダシが取れ、ご飯を焚くときに水素水を使うと、焚き上がりがふっくらと美味しくなり、煮物などのお料理に使うことで、素材の旨味と風味を引き立ててくれます。
また、調理素材のアク抜きにも使用出来ます。

還元水素水のメリット

  • 残留塩素を含んでいない
  • 酸化還元電位がー250mv以下
  • 水素が溶存している
  • pHがアルカリ性である
  • カルシウムイオン、マグネシウムイオンが処理前の水と比較すると倍加している
  • 表面張力が低く、浸透力、溶解力に富んでいる
  • 処理水に酸素の増加はない